認可外保育園とは? 『認可外』ってどういう意味?種類や特徴は?

育児の疑問

認可外とは『保育を認められていない』ということではない

認可に対して『認可外』と聞くと、不安や怪しい印象を持ってしまいますが、決して『保育を認められていない』という意味ではありません。

『認可外』の部分はあくまで、保育室の広さや、保育士の配置人数、保育時間など、国が定めた基準を満たしていない児童福祉施設のことを指します。

そのため、認可外保育園では国や自治体からの制約がないため、独自のカラーを出しやすく、英語や体操の教育に力を入れていたり、長時間の保育を行っていたり、保護者の様々なニーズに応えようとしています。

この記事では、認可外保育園の種類や特徴を紹介いたします!

スポンサーリンク

認可外保育園(無認可保育園)

認可外保育園とは?

ポイント
  • 保護者の状況(就労や病気など)に関係なく入園できる保育園が多い
  • 施設ごとに金額設定を行っているため、認可保育園と比べると金額が高い
  • 夜間保育や休日保育、24時間預かりなどの時間に融通の利く園もある
  • 保育園のある市区町村に限らず入園できる

認可外保育園の種類

認可外保育園

【運営】

  • 企業、社会福祉法人、NPO法人など

【申込先】

  • 各施設へ直接申し込み

【特徴】

  • 施設ごとに特色のある保育を展開している
  • 保育時間が長い園や休日保育を実施している園もある
  • 株式会社が設立する保育園が多いため、保育の内容をサービスとして位置付けている園が多い
パパ
パパ

『認可外』や『無認可』という言葉は悪く聞こえてしまうけど、もちろん一定の基準は満たしています。

中には保育時間を長くするためや保育内容を特化させるために、あえて認可を取らずに運営をしている園もあります!

企業主導型保育所

【運営】

  • 企業が事業所内やその周辺に設ける保育園 ※運営は別の企業に委託することも認められている

【受け入れ】

  • 基本的には企業が自社の従業員のために設置しているが、地域枠を設けることもできる ※利用定員の5割以内を地域枠として設けられるが0でも問題はない

【申込先】

  • 各施設へ直接申し込み ※地域枠がある場合のみ

【特徴】

  • 認可保育園並みの保育料で利用できる
  • 保護者の就労スタイルに合わせて子どもを預けることができる ※例えば、週2回の就労でもOK、時短でもOKなど
  • また、自分の会社の勤務時間に沿って運営されている施設が多い
  • 職場や社宅の近くに設置されていることが多いので、送り迎えがスムーズ
パパ
パパ

勤め先が導入しているのであればメリットはたくさんあると思います。

職場の近くに設置されているのであれば、子どもといられる時間も長いので安心ですね。

地方単独保育事業

【運営】

  • 企業、社会福祉法人、NPO法人など

【申込先】

  • 各施設へ直接申し込みが基本だが、自治体の窓口に申し込みをする施設もある

【特徴】

  • 自治体が定めた基準を満たしている認可外保育園
  • 自治体が独自に助成た監督を行う場合もある

【各自治体での呼称例】

  • 東京都『認証保育所』
  • 堺市『認証保育所』
  • 東大阪市『簡易保育施設』
  • 仙台市『せんだい保育室』
  • さいたま市『ナーサリールーム』など
ベビーホテル

【運営】

  • 企業、社会福祉法人、NPO法人など

【申込先】

  • 各施設へ直接申し込み

【ベビーホテルの位置づけ】

ベビーホテルは次の3つの条件のいづれかを満たす施設

  1. 20時以降の保育
  2. 宿泊を伴う保育
  3. 利用児童のうち一時預かりの児童が半数以上

また、ベビーホテルは宿泊施設ではなく、位置づけとしては『保育園』である

パパ
パパ

3つの条件のうち1つでも満たしていれば良いので、『ベビーホテル』という名称であっても、宿泊ができる施設でない場合もあります。

また、『ホテル』という名前で誤解をされてしまいますが、あくまで児童福祉法に基づいた、都道府県などの認可を受けていない『認可外保育園』です。

多様なニーズに応えられるのが認可外保育園

認可外保育園の最大の魅力は、保護者の多様なニーズに応えられる点です。

それぞれの働き方やライフスタイル、そしてその園でお子さんに受けさせたい教育がある、など求めているものとマッチさせることができるかもしれません。

『認可だから質が良い』『認可外は良くない』というのはあくまで言葉の印象だけです。言葉の印象だけで決めず、しっかりと保育の内容や先生などを見て、お子さんを預けたい保育園であるか、求めている内容であるかを判断して保育園を選びましょう。

また、認可外保育園は認可保育園と比べて保育料が高い傾向にありますが、保育料の無償化に伴い、認可外保育園であっても無償化の対象となるため、完全な無償とはなりませんが、以前より入所させやすくなったのも事実です。

今までは『保育料』で園を選ぶ傾向が強かったと思いますが、これからは求めている保育の内容や保育の質で保育園を選ぶことができるようになると思いますので、たくさんの園を見て、調べて、最高の『縁』を見つけてください!

↓↓認可保育園の種類や特徴と比較する↓↓

認可保育園ってなに?種類や特徴は?
『保育園』と一様に呼んでいますが、実は『保育園』にはたくさんの種類があるのはご存じですか?この記事ではその中でも、認可保育園(正式には保育所)と呼ばれる保育園の種類や特徴をまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました