褒める育児を実践する上で重要な4つのポイント

育児

たくさん褒めることではない

『褒める育児』『褒めて伸ばす育児』という言葉を目にしたり耳にしたりしますが、その中身ってご存知ですか?

実は、見たまま聞いたままの『褒める』という単純なものではないのです。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 褒める育児について知りたい方
  • 褒める育児の褒め方を知りたい方
スポンサーリンク

褒める育児とは?

何でもかんでも『褒める』ことではない

褒める育児とは、子どものことをとにかく褒めて子どものやることなすことは全てOK!という育児ではありません。そして『叱らない』ことでもありません。

褒める育児とは褒める場面と叱る場面を適切に使い分けることで、褒める場面=良い行動を明確に示していく育児のことを言います。

パパ
パパ

子どもが何をしてもOKにしてしまうのは『甘やかし』かもしれません。

褒める育児の良いところは?

子どもが自信を持てるようになる

子どもは大人から褒められることで『認められた』と感じます。認められることで、自己肯定感が養われます。

自己肯定感とは『自分はこうで良いんだ』と思える気持ちです。自分を大切に思えることで、他人にも思いやりを持って接することができるようになります。

また、褒められることで自信がつき、気持ちが前向きになるので、自発的に行動できるようになります。

挑戦する気持ちが身につく

『褒められて嬉しい』という気持ちが、『次もやってみよう!』という気持ちにつながり、様々なことに挑戦しようという意欲が芽生えます。

ただし、褒め方を間違えると高い目標ではなく、できることしかやらなくなってしまうこともあるので要注意ですが、正しい褒め方をすれば、失敗したとしてもそこで挫折せずに、何度も挑戦できるようなります。

褒め方については次のセクションをご覧ください。

褒める育児の褒め方は?

できたことよりも過程を認める

3歳〜4歳頃、子どもも徐々に一人でできることが増えて、何でも挑戦したがるようになってきます。

そうするとできたことに対して『できたよ!』『みてみて!』と承認を得ようとしますが、子どもは承認を得ることによって気持ちが落ち着いたり満足したりします。

大人もより挑戦してほしい思いから『上手だね!』『よくできたね!』と褒めますが、本当に重要なことは、そこまでの過程を認めることです。

例えば、ひらがなが上手に書けた場面では『このひらがな上手だね!』と褒めるよりも『たくさん練習したから上手に書けたんだね!』と褒める方が子ども自身、頑張りを認めてもらえたことに対して自信が持てるようになります。また、どこが良かったからできたのか気が付けるようになります。

『すごいね』『上手だね』も一切言ってはいけないということではありませんが、結果だけを褒めると、子どもは自分の能力内でできることや簡単なことばかりしかやらなくなり『褒め』をもらおうとしてしまう場合があります。

そこまでの過程を認めるようにすれば、結果だけを求めるのではなく『もっとこうすれば上手く書けるかもしれない』と思い、もっと上手くなるための努力ができるようになっていくのです。

失敗しても過程を認める

子どもが失敗をしたりできなかったりした時も、まずはそこに至るまでの努力をしっかりと認めましょう。

今まで過程をしっかり認められていれば子ども自身、『もっと頑張ろう』『何がいけなかったのか』思ったり考えたりできるようになりますが、褒めをもらおうとして過ごしてきた場合、褒められなかったことに対しての絶望が大きすぎて、挑戦することをやめてしまう可能性があります。

できたときもできなかったときも結果だけを見るのではなく、まずは過程を認めてあげましょう。

子どもの様子を見極める

子どもが大人の顔色を伺っているな?と思う場合は注意が必要です。

褒められたいばかりに、自分のやりたいことと褒められたいからやっていることの境界線が曖昧になってしまう場合があります。

そのため、大人も何でもかんでも過程を認めて褒める必要はありません。子どもがただご飯を食べている時に『いっぱい食べてすごいね!』『大きくなれるね!』と褒めるのは子どもも不自然に感じてしまいます。

子どもの成長に合わせて、適切な場面で褒めるようにしましょう。

叱る時は叱る

冒頭にも述べましたが、褒めるだけが褒める育児ではありません。もちろん誤ちは指摘します。

そして、大人は叱るルールを作っておくと良いでしょう。

私は保育士であった時も娘に対しても、命の危険がある行為、人を傷付ける行為に対しては全力で叱ると決めています。

ここで難しいのが、『約束』についてです。約束したことを破った時は叱った方が良いのでないか?と思うかもしれませんが、幼児期の約束事のだいたいは大人の都合が優先されています。

これは『約束』という名の『命令』であるとも捉えることができます。年長さんくらいの年齢になった時にようやく、子ども側から約束を取り付けられるようになってくると思うので、子ども側からしてきた約束に対して破った場合は、少し考えても良いかもしれません。

↓↓こちらも参考↓↓

子どもの上手な叱り方
この記事では上手な『叱り方』を紹介します。『怒り方』ではありません。私はなるべく(0ではないんです・・・)娘のことは怒らないようにしていますが、命に関わるであろう危険なことをした時や人を傷つける行為をした時、私は『叱り』ます。...

褒める育児は難しい

褒める育児は言葉だけ聞くと単純なものだと思いがちですが、こうして中身を広げてみると非常に奥深いものです。

ただ、子どもの自己肯定感を高め、子どもが様々なことに挑戦できるよう促していく方法としては、非常に効果があると思います。

そして褒めるということは大人側も気持ちが良いものです。その分、褒め方は気を付けなければいけませんが、叱ったり苛立ったりするよりかは楽しい育児のはずです。

子どもが成長するには、親も成長しなければなりません。どのような関わりが子どもにとって良い関わりなのか、この記事を書きながら私もたくさん考えました。

ある意味、育児に限界はないのかもしれません。日々、育児のたくさんの正解の中から、我が家にとってぴったり当てはまる正解を探しております・・・。

この記事も、誰かのぴったりとは言いませんが、一文、一言でも参考になれば幸いです。

子どものいないところで子どもを褒めると効果倍増!? 子どもを褒めるときのテクニックを伝授します!
ウィンザー効果を育児に活用しよう!ウィンザー効果とは?ウィンザー効果とは心理学の1つで、直接言われるよりも第三者から間接的に言われた方が信ぴょう性が増すという現象のことウィンザー効果で最も広く知られている例は口コミです...

  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました