【食育】野菜を育てて食べてみよう!

育児

子どもと家庭菜園に挑戦!

前回に引き続きテーマは【食育】です。

前々からやりたかったことではありますが、子どもと家庭菜園を始めました!

最近、料理の手伝いも頻繁にやるようになってきたので、次は自分で野菜を育てて収穫して、料理をして食べる喜びを味わってもらいたいと思い、挑戦することにしました!

本当は苦手な食べ物(特に今挑戦中のトマト)を育ててほしかったのですが、大好物のきゅうりが良い!ということで、きゅうりの苗を買ってきました。

パパ
パパ

まずは好きなもので興味を持ってもらうことが大事!

スポンサーリンク

家庭菜園に必要なもの ~きゅうり編~

家庭菜園を始めるにあたり、道具を揃える必要があったのでホームセンターや100円ショップなどで購入しました。

家庭菜園で必要なもの
  • 苗(今回はきゅうりの苗)
  • プランター
  • 土(肥料が入っているものにしました)
  • 鉢底石
  • スコップ
  • じょうろ(シャワー)
  • 軍手(はっ水性のあるものが◎)

きゅうりに関しては、支柱とネットが必要なようですが、育ってきたら買うことにしました。

これら全てホームセンターで手に入ります。

ただ、スコップや軍手は100円ショップでもそこそこのものが買えるので活用するものあり。じょうろはホームセンターで500円くらいで買いましたが、同じような大きさのものが100円ショップで300円で売られていました。

以上の道具を揃えて、2,300円程度でした。ネット、支柱はまだ買ってませんが、土の種類やプランターの大きさによって値段の上下はあるものの2,000円台で始められるならお手軽ですね。

ネットではお手軽に始められるセットも販売しているようです!

育ててみよう!

まずは土を用意

まず、プランターに鉢底石を入れてプランターの底に敷き詰めます。2~3センチ程らしいけど・・・適当です。笑

そしたらあとはプランターの上から5センチ程のところまで土を入れる・・・らしいです。

我が家はプランターの線があるところ目安に入れました。カップラーメンのお湯のように・・・。

いざ、植え付け

次にいよいよ植え付けなのですが・・・あとから調べてみると、苗をプランターに植え付ける前に、苗にしっかり水分を吸収させておく必要があったそうです。

きゅうりは非常に水分を欲する野菜なので水分が命らしいです。

我が家はこの工程をかっとばして植え付けました。

プランターに苗と同じくらいの穴を開けて、苗を軽く手で押えながら、根鉢を崩さないように植えつけます。

パパ
パパ

野菜はお花と違って根鉢は崩さないそうです!

こんな感じ!!この時、苗の周りに少しくぼみをつけてあげると、水をあげたときに苗に水が集中しやすいので良いとのこと。

そして最後はたっぷり水をあげる

植えたばかりの苗は、土に活着するまでに時間がかかるようなので、根が乾燥してしまわないように、植え付けから1週間くらいはしっかりと水を与えます。

水やりの目安としては、プランター栽培の場合、土が乾いていたら朝に鉢底から水が流れるくらいたっぷり水を与えて、日中しおれないようにするみたいです。

パパ
パパ

とにかく水が大事!!

育てた気になったけど・・・

ここからが本番

これから育ってくると害虫や病気など、しっかりと面倒を見て育てていかなきゃならないので、毎日の手入れは欠かせなくなりそうです。

我が家の娘には

パパ
パパ

虫が来たらきゅうりにつかないように守るんだよ!!

と伝えておきました。(パパは虫が苦手です・・・)

我が家の娘も

娘

虫やだよ~~。

なんて言ってましたが、大喜びできゅうりの植え付けを行い、水やりをしていたので明日からのお世話に期待が持てます。

食べ物を作る難しさや自分で作ったものを食べる喜びを少しでも知ってくれたら嬉しいです!

今後、うまくいけばたまにきゅうりの様子も報告していきたいと思います!!

【家庭菜園】きゅうりの生育経過
よその子ときゅうりは育つのが早いお笑い芸人の博多華丸さんが『よその子とゴーヤは育つのが早い』と格言のようなことを言っていましたが、同じウリ科のきゅうりも育つのが早いと実感しました。我が家がきゅうりの家庭菜園を始めて、本日1...

コメント

タイトルとURLをコピーしました