認可保育園ってなに?種類や特徴は?

育児の疑問

『保育園』と一様に呼んでいますが、実は『保育園』にはたくさんの種類があるのはご存じですか?特に近年では、待機児童解消の対策や様々な働き方、ニーズに合わせた『保育園』が設立され、少々ややこしくなっている『保育園』の現状であります。

この記事ではその中でも、認可保育園(正式には保育所)と呼ばれる保育園の種類や特徴をまとめました。

スポンサーリンク

認可保育園

認可保育園とは?

認可保育園とは国が定めた基準を満たし(施設の広さ・保育士や調理師の職員数・給食設備・防災管理・衛生管理等)各都道府県知事に認可された保育園。また、運営は公費で行われている。

ポイント
  • 公費で運営しているため、保育費が安い(ただし収入による)
  • 児童福祉法に基づいているため、施設の広さや、保育士の配置が国の基準を満たしている
  • 原則として、保育園のある市区町村に在住・在勤していないと通えない

認可保育園の種類

公立保育園

【運営】

  • 市区町村

【申込先】

  • 市区町村

【特徴】

  • 保育士は公務員のため、ベテランの保育士が多い
  • 教育内容や保育目標などが自治体によって標準化されている
  • 保育士の同じ自治体内の他の園に異動することがある(一般の先生、主任、園長関係なく異動があります)

いわゆる皆さんが想像する保育園はこの『公立保育園』です。

パパ
パパ

先生の異動はあるものの、保育の内容が標準化されているため、先生が変わったからと言って保育の内容が大幅に変わることはないのです。

ただし、どの園でも一定の保育内容のため、園ごとの特色はあまりないと言えるでしょう。

私立保育園

【運営】

  • 社会福祉法人、NPO法人、企業など

【申込先】

  • 市区町村

【特徴】

  • 施設ごとに特色のある保育を展開している
  • 系列園や分園がない場合は、先生の異動がない
  • 保育時間が長い園もある

パパ
パパ

施設ごとに園の特色を出しているので、体操に力を入れている園や英語に力を入れている園など、施設により様々!

また、通常保育時間に加え、延長保育の時間を長く設定している園もあるので、夜遅くまで仕事をする保護者のニーズに応えている園もあります!

公設民営保育園

【運営】

  • 社会福祉法人、NPO法人、企業など

【設置】

  • 市区町村

【申込先】

  • 市区町村

【特徴】

  • 設置は市区町村で業務は民間が代行して運営している保育園
  • 施設は自治体が保有しているが、保育士は公務員ではない
  • 教育方針や保育の内容は公立保育園に沿って行っているので、公立保育園と大きな差はない

パパ
パパ

市区町村が民間に運営を委託しているので、基本的には公立保育園と同じ!

違いとしては保育士が公務員ではないということです。

小規模保育園

0~2歳児を対象とした、定員が6人以上19人以下の少人数で行う保育事業。
一人の保育スタッフが担当する子どもの数が少ないため手厚く子どもの発達に
応じた質の高い保育を行うことができる。2015年度より、子どもの保育、子育て支援を総合的に進める新しい仕組みの一環として「子ども・子育て支援法」が施行され、その中で小規模保育施設は「小規模認可保育所」となり国の認可事業として位置づけられた。

ポイント
  • 0歳~2歳児が対象の施設
  • A型、B型、C型がある
  • 申込は市区町村

小規模保育園の種類

小規模保育園は「子どもの定員数」「職員の数」「在籍する職員のうちの保育士資格保有者の割合」などによっていづれかに分類がされます。

A型

【対象年齢】

  • 0~2歳

【園児定員数】

  • 6~19名

【職員の配置】

  • 0歳児3人につき1人
  • 1~2歳児6人につき1人
  • さらに+1人の保育従事者

【職員基準】

  • 全職員が保育士

【保育室】

  • 0歳,1歳…1人あたり3.30㎡/
  • 2歳児…1人あたり1.98㎡
パパ
パパ

認可保育園の分園はA型にあたります!

B型

【対象年齢】

  • 0歳〜2歳

【園児定員数】

  • 6~19名

【職員の配置】

  • 0歳児3人につき1人
  • 1~2歳児6人につき1人
  • さらに+1人の保育従事者

【職員基準】

  • 全職員の1/2以上は保育士

【保育室】

  • 0歳,1歳…1人あたり3.30㎡/
  • 2歳児…1人あたり1.98㎡
パパ
パパ

B型は中間型と呼ばれています。職員の基準以外はA型とほぼ同様の基準で設置されています!

C型

【対象年齢】

  • 0歳〜2歳

【園児定員数】

  • 6~10名

【職員の配置】

  • 0~2歳児3人につき1人
  • 補助者がいる場合は0~2歳児5人につき1人

【職員基準】

  • 家庭的保育者 ※市町村の研修を受けた保育士、保育士と同等の知識・経験を有すると認められた者

【保育室】

  • 0歳児~2歳児…1人当たり3.30㎡/
パパ
パパ

家庭的保育やグループ型小規模保育に近い形態です!

認可保育園には種類がたくさんある

認可保育園には種類がたくさんありますが、一言で表せば『基準を満たしている保育園』ということです。

外から見て大きな保育園でも『認可外』の場合もありますし、小さくても『認可』の場合もあります。認可保育園を確認するには、各自治体のホームページに記載されているので、お子さんを認可保育園に通わせたい場合は、お住いの自治体のホームページで認可保育園を探してみてください!

↓↓認可保育園の申込の方法や流れはこちら↓↓

認可保育園への申し込み方法は? いつから申し込みできるの?
認可保育園の申し込みは各自治体、市役所や区役所などの役所の窓口で申し込むことができます。自治体によって名称は異なりますが、『保育課』『子育て支援課』など課が担当しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました